新しいものよりも性能は劣る可能性がある

iPhone修理には便利な反面デメリットもあります!

iPhoneが故障した時に便利なのが、正規の修理店や非正規修理店などに依頼して修理することですが、この修理に関しては、いくつか注意しておきたいデメリットもあります。まず、正規修理店の修理には、時間がかかることがあるという点です。正規修理店は、修理の依頼が常に多いので、待たされる時間が長くなってしまいがちです。他にも、正規修理店の修理の際にはデータが初期化されていまうというデメリットもあります。

非正規の修理店の場合にもデメリットがあり、その1つに非正規修理店での修理を行うと、メーカー保証から外れてしまう恐れがあるという事です。他にも、修理店によってサービス内容や修理技術にムラがあるなどのデメリットもあります。そして、両者に共通するメリットとして、新しく発売されたものより性能が劣ってしまう可能性があるという点です。

買替をしたほうが良い場合もあります!

自分の持っているiPhoneが、比較的長い期間使用しているといった場合には、買替を行ったほうが良いという場合もあります。自分が同じ機種を使用し続けている間に、様々な機種が発売され、中には修理代よりも安く機種を手に入れられる可能性というのもあるためです。さらに、性能面でも買替を行ったほうが、今まで自分が使用していた機種では、使えなかった機能が付いているという場合もあるため、修理をする前にその点をよく比較しておきましょう。

一般的に言われている原則として、修理を行おうと思っている際に自分の気になっている新品の機種の金額と比較して、修理代が50%以上であれば買替を行ったほうが良いという法則があります。もちろん、その機種に思い入れがあるという場合もあるかと思いますので、それらの点なども比較して、修理をするかどうかを考えましょう。

夫婦又は友人同士で、iphone6sの修理を2台以上同時に依頼すると、1台につき1,000円の割引特典が付く店があります。