修理不能なこともある

iPhoneが修理不能になる重大な故障とは

画面が割れたり、一部の部品が壊れてしまったiPhoneは、ほとんどの場合修理によって復旧することができます。しかし重大な故障となってしまった場合には、正規店でも直すことができません。例えば基盤に関わるトラブルは、修理によって復旧できないケースが多いとされています。基盤そのものを交換すれば直ることもありますが、修理費用が高くなるため買い替えをした方が低コストかもしれません。

改造を施してあるiPhoneも、修理不能となりやすい傾向です。基本的に正規店では、改造品の修理対応が行われていません。正規店ではない一般の修理店なら対応をしてくれる可能性がありますが、改造によって大きなトラブルを起こしてしまったiPhoneは、修理が難しいとされています。

iPhoneが修理不能な場合の対処方法

一つのお店で修理不能と判断された場合でも、他のお店なら対応してもらえる可能性があります。どうしてもそのiPhoneを直したいという場合には、いくつかのお店に相談をしてみると良いかもしれません。数は多くありませんが、基盤修理を行っている修理店も存在しています。ただし重大な故障についての修理は、費用が高くなりがちです。交換または買い替えを行った方が、安く済むかもしれません。

一旦大きな故障を起こしてしまったiPhoneは、復旧をしてもその後動作が不安定となる可能性があります。せっかく高い費用をかけて修理をしたのにまたトラブルを起こしてしまった、ということにもなりかねません。買い替えをして新品を使用したほうが、長い目で見ると損がないでしょう。

ケーブルを差してもiphoneの充電ができない場合は、ケーブルに異常がないことを確認して、iPhoneを再起動してみましょう。それでもだめな場合は、ホームボタンを押したまま電源を入れてみましょう。